人気ブログランキング |

シーアンカー改良

先日作ったシーアンカーに、いくつか問題点があったので改良しました。

問題点

 ◎浮き下が長いか、おもりのためか、先端が下がり入り口が上を向いて

   しまう。
 
 ◎乾燥のため、干しておいても入り口の袋縫い部分が乾燥しにくい。

 ◎浮きが大きくて邪魔

改良

  浮き下を少し短くし、入り口部分にも軽めのおもりを追加。

  入り口の袋縫い部分を、半田ごてで複数穴あけをして水切れを良くした。

  ボールは少し小さめのボールに変更。


穴あけした部分
b0137704_9554471.jpg

まとめ
b0137704_956187.jpg


また行く機会があればテストしてみます。

これは失敗作。新作はこちら
by 1000kyosan | 2010-11-26 09:59 | ボートDIY | Comments(0)

ボート2回目

天気が良かったので2回目のボートに行ってきました。

ついでにシーアンカーのテストもしました。

前回より北にある砂浜から出廷しました。すでに3人ほど準備していました。

今回、水際まで車で行っても大丈夫な砂浜でしたので、ドリーを使わないで

やってみました。やっぱり水の抵抗がなくなるので、前回より早く走ります。

バウがちょっと持ち上がる感じで、2馬力の力強さを感じました。

こんな良さそうなロケーションです。

b0137704_0232872.jpg


b0137704_0235168.jpg



シーアンカーも試してみました。


b0137704_024833.jpg


効果は・・・どうなんだろう?よくわからないけど、口が開いているので大丈夫

かな口の下の部分におもりを付けたほうが、より開くかなと思いました。

昼になるとかなり風が強くなったので、撤収しました。釣果は残念ながらありま

せんでした。沖の出れば絶対釣れるもんだと思ってましたが、そんなに甘くなか

ったです。欲を出して、大きいクーラーバックを持っていきましたが、おにぎりを

入れるだけ終了。情けないです。次回はえさ釣りにして釣果を得たいです。

でも、今年はこれで最後かな?
by 1000kyosan | 2010-11-21 00:25 | ボート釣り | Comments(0)

自作シーアンカー

なかなか釣りに行けず、DIYばかりやっております。今回シーアンカーを作ってみました。見た事がないので、ネットで製品や皆さんの作品を参考に作ってみました。

材料
ブルーシート 1.8m×1.8m   ¥298
ロープ      6mm×8m     ¥100
ロープ   5mm×10m  2個 ¥200
ゴムボール  ¥100
おもり 0.5kg   ¥100
合計 ¥798 結構安くできました。

b0137704_225937100.jpg

b0137704_230611.jpg

b0137704_2302031.jpg


覚えの為資料を作りました。

b0137704_2314622.jpg


シートを半分に折り、適当にカットしてミシンで縫い合わせます。
b0137704_2325366.jpg

水の入り口が、水中で開くようにするにはどうしたら良いか考えるのにちょっと悩みました。硬い芯を入れると収納性が悪くなるので、しなやかで腰のあるものを探した結果ステンワイヤーか、太目のロープを考えました。でも、できるだけ安く作りたかったので、やっぱりダイソーで調達。6mmのロープを三つ編みにして、腰が出るように加工しました。カットしたシートの口を袋縫いします。
b0137704_2341351.jpg

ここに加工したロープを入れ、閉じます。
b0137704_235483.jpg

余りシートに残ったハトメを利用して、入り口3箇所に縫製します。これにロープを取付けます。

b0137704_2352527.jpg

シートの先端は、水量調整してアンカーの効きを変えれるよう加工します。ここにも余りのシートに残ったハトメを縫製し、ロープを通して開いた穴の大きさを調節できるようにします。
開けた時
b0137704_235543.jpg

閉じた時
b0137704_237551.jpg

先端におもりを取付け、ロープの先に浮きとなるボールをカラビナで取付けます。

b0137704_2375781.jpg

シーアンカーを回収する時は回収ロープを引きます。

完成した全体図です。家の中での撮影なので狭いです。
b0137704_2392933.jpg

b0137704_2394790.jpg


ブルーシートが中途半端に残ったので、収納袋を作りました。シーアンカーを丸めて畳み、袋に入れます。ハトメを利用した取っ手を作ったので、浮きのカラビナをここに止めれば一緒に収納できます。
b0137704_23103018.jpg

b0137704_23105193.jpg


釣りよりDIYに力が入っている気がしますが、物づくりはホント楽しいです。ミシンがけもかなり上達した気がします。嫁さんより利用頻度が多い気がします。糸のこの感覚で作業ができるのでそんなに難しくないですよ。

後は想像通りに機能するかどうかです。また報告します。 

追記  2011/10/12
参考にされる方へ
作ってみたものの、ちょっと大きすぎました。2,3回の使用で現在使っておりません。
新作を作りましたので、テストして良ければ報告します。  
新作はこちら     
by 1000kyosan | 2010-11-19 23:22 | ボートDIY | Comments(0)

怖かったこと

先日の進水式の時、暗いうちに到着したので、懐中電灯を持って

あたりを散策しました。その時、海岸の左の方に、スロープを発見。

b0137704_020144.jpg



誰かのブログにスロープは大変滑りやすく怪我をした人を見たと書い

てあるのを思い出しつつも、、様子を見に近づいて見ました。
b0137704_0161963.jpg



b0137704_0164063.jpg
スロープに足を乗せるとホント、ツルツルで、転びはしませんでしたが、

体ごと四つんばいになって、坂を滑るようにゆっくり海にはまって行く状態

になりました。こんな感じ。
b0137704_095917.jpg



全身海の中に入っていってしまうんだろうかと言う恐怖に脅えながらも、

横にあった桟につかまって、濡れたのは足首までで済みました。

ツルツルでなんともできない状態。アイスバーンを滑っていく車の感覚。

真っ暗の中、ものすごく怖かったです。

進水式の前に、こんなことがあって不安がいっそう増えてました。

明るくなってから現場の写真を撮って見ました。スロープは危険ですので

近づく時は注意しましょう。分かっているつもりでしたが甘かったです。
by 1000kyosan | 2010-11-12 00:24 | 出来事 | Comments(0)

進水式

11月6日土曜日 天気晴れ 波1~0.5m 

ボート初心者には絶好の一日となりました。

進水式に選んだ場所は、鞠山海水浴場としました。ここは有料駐車場なん

ですが(1000円)、トイレ、水道設備があり、駐車場も広いです。なにかと

不安要素がいっぱいなので、安心して車を置いておける場所を選びました。


b0137704_1145456.jpg

さすがにお金を払ってまで止める車は少なくて、ゲートの外は違法駐車で

一車線になってました。

b0137704_1146116.jpg

ブルーシートを広げて、サービスでもらった電動空気入れMB-80で空気を

入れます。かなり高速で空気が入り、足踏みとあわせて10分もあれば完成し

ます。

b0137704_11472914.jpg


これが今回作ったドーリーです。
b0137704_11485384.jpg

b0137704_11491719.jpg


キールの穴にアルミ板を入れてはさんでいます。当然、付けたままなので水の

抵抗が気になるところです。ボートにはしっかりくっついていますので外れること

はありません。これにロープを付けドーリー自体を引っ張ります。

駐車場から砂浜まで2段の段差があり心配しましたが、何とかクリア。

砂がやわらかいので引っ張るのにかなり苦労しました。タイヤが4つあるので

埋まりにくかったかも知れません。

塩とお酒で安全祈願をしていよいよ出廷です。


b0137704_1151357.jpg


入水すると、タイヤが砂にはまり組み立て式ドーリーの一部が外れパニック。

簡易組み立てが災いしました。何とかはめることが出来たので出廷です。

砂を吸い込まないよう、少し沖まで手漕ぎします。いよいよエンジン始動。

一発で掛かりました。慣れるまでゆっくり走行します。
b0137704_11541039.jpg

b0137704_115521.jpg


2馬力の感想

やっぱり手漕ぎに比べたら楽です。速さはさすがに遅いけど、安心の

スピード感。ドーリーが抵抗になってるからかも知れませんが・・・。

ならしなのでと思ってましたが、エンジン全開でした。それだけ遅いこと

かも。1馬力だったもっと遅かったかもと考えると、2馬力で正解だった

かも。ただ、帰ってから塩抜きしないといけないので手間は掛かるかな。

試運転の予定ですが、やっぱり何か釣りたいので、えさ釣り、ジグ等を

やりましたが、釣れるのは外道のみ。しかも小さい。ボート出した意味が

ない。何とか大物をと思いましたが、お昼で上がることにしました。行きの

ドーリーの件もあったので、無事上陸できるか、引き上げることが出来るのか

ボートの下には部品がちゃんと付いているのだろうか?不安いっぱいでの

撤収です。

b0137704_11555189.jpg


b0137704_11563597.jpg

b0137704_11571036.jpg



エンジンがエンストするよう少し手前で燃料カットし、手漕ぎで砂浜

に着けます。ボートを出来るだけ軽くするよう荷物を降ろします。おもっきり

引っ張て上陸しました。部品も外れることなく付いていました。

b0137704_1159972.jpg

広い駐車場なので、水でしっかり洗い乾燥。帰ってから手間の無いよう時間

をかけて片付けました。

今回は試運転なので、なにからなにまで不安でいっぱいでしたが、いろいろ

勉強になりました。荷物は多すぎでした。もっと身軽な量にしないとボート内

で動けません。ドーリーも改良しないといけません。

これからは季節的にあと1回出来るかどうかと思います。いろいろ反省して

次回に備えたいと思います。
by 1000kyosan | 2010-11-07 12:14 | ボート釣り | Comments(0)

ボート購入してから10日程経ちました。この間、ドーリー、エンジンスタンド

等、いろいろ作ってまして、ブログ更新できませんでしたが、ようやく準備

完了し、週末に出廷予定です。はじめにドーリーを作ったのですが、

ボート固定式で水中にタイヤが入ったままの形なので、水の抵抗とか

何か問題が起きないか、ちょっと心配しています。なので、初出廷して

から報告します。初出廷はどこがいいか迷っています。どなたか、若狭

湾内でいいところがあれば、教えてください。

今回は、試運転用のエンジンスタンドを紹介します。子供の2段ベットを

利用して作りました。粗大ごみで捨てるつもりでしたが、有料なのでずっと

しまっていましたが、今回こんな形でリサイクルするとは夢にも思いません

でした。丈夫で表面もニスが塗ってあるので、好都合です。

完成したのがこれです。梯子を使っているのが分かると思います。
b0137704_23251774.jpg


後ろから

b0137704_23254635.jpg

家族からカタカタでも作ってるのかと・・・・。笑

b0137704_23261586.jpg


試運転の様子です。バケツは45Lタイプです。
b0137704_233877.jpg

b0137704_23384461.jpg


振動でエンジンが右に回っていくので、紐で固定しています。試運転中のため、

ガソリン5Lにオイル150ccでオイル濃い目になっています。かなり白煙が出

ます。2ストエンジンは、原チャリ以来20年ぶりに触ります。水中排気なので、

油がバケツに溜まります。環境には良くなさそうですね。

琵琶湖は2スト禁止だそうですね。
b0137704_23394270.jpg


エンジンをしまう時は、燃料コックを止めてエンストさせます。アイドリングで

約90秒でした。

バケツの水を捨てるのに、コックをつけました。蛇口のいいものを(安いもの)

を探しました。これが一番安いと思います。580円

b0137704_23522616.jpg


分解すると、パッキン、ナットがあるので他に部品を買わなくて済みます。

b0137704_23535240.jpg


Φ20の穴を開けて取り付けます。

b0137704_23561187.jpg


ホースをつないで排水してみます。
b0137704_08748.jpg


洗濯機程の排水能力はありませんが、ずいぶん楽になります。

底に少し残りますので、バケツをひっくり返して、油汚れを拭いて完了です。

今回かなりDIYを楽しめました。久しぶりに充実しました。本来は釣りに充実感を

得ないといけませんが、DIYが好きなもんで・・・。

週末、波が無いといいのですが・・・。
by 1000kyosan | 2010-11-04 00:12 | ボートDIY | Comments(0)

今年は新しいボートで頑張ります。子犬も増えたし、楽しい年にしたいです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30