人気ブログランキング |

車載用エンジンスタンド完成しました。昨日の続きです。

以前の材木はエンジン固定のクランプで凹んでいました。

b0137704_15561879.jpg

今日の作業はここからです。

2×4の板をカットしてサンダーでやすりがけします。

今回は凹み対策に転がっていたPPシートを貼ってみます。

PPシートに両面テープを貼ります。

b0137704_15555464.jpg

材木に貼り付けます。

b0137704_15555412.jpg

スタンドに固定します。

b0137704_15561887.jpg

位置を確認して、表からもビスで固定します。

b0137704_15561808.jpg

これで完成です。

正面から

b0137704_16024130.jpg

後ろから

b0137704_16024104.jpg
それではエンジンを載せてみます。

b0137704_16024293.jpg
b0137704_16051876.jpg

至って普通ですね(笑)

ここから工夫したところを紹介します。

以前エンジンを載せるとき、スタンドが動いてしまうことがありました。


b0137704_16094391.jpg

棒を踏んで動かないよう改良しました。

b0137704_16070599.jpg

そして、ここからが今回作り直した最大の改良点です。

ボートに荷物を載せて運搬すれば一度に運ぶことが出来ます。

しかし、重くなるし、不安定になるので返って不便でした。

結局荷物は小分けにして運んだ方が楽でした。

でも小分けにすると何往復もしないといけません。

かさばる重いボートは出来るだけ軽くして運ぶ方がバランスも崩れず運びやすいです。

重い荷物はエンジン、タックルケース、クーラーボックスなどになります。

私のタックルケースは以前イスにしていたケースで、釣りの仕掛け、補修部品、予備ガソリンが入っていてそこそこ重いです。

それで、今回の改良点はタックルケースとクーラーボックスを一緒に運べるよう台車になるエンジンスタンドにしました。


台車にするには、エンジンスタンドを斜めにします。

b0137704_16243081.jpg

真ん中に足を掛けてスタンドを解除します。

b0137704_16243061.jpg

b0137704_16243056.jpg

このままエンジンスタンドを下げると自立した台車になります。

b0137704_16243083.jpg

この上に荷物を置きます。安定しているので転けません。

b0137704_16243053.jpg

ベルトで固定して運搬します。


b0137704_16243176.jpg

これで一度に楽に運搬できます。

今回はこのエンジンスタンド兼台車が目玉です。便利そうでしょ?


最初はエンジンスタンドを斜めにすると自然にスタンドが立つ予定でした。

でもプラプラするのでマグネットで固定するように変更しました。

それで倒すとき足でスタンドを解除するようにしました。

マグネットは夕べの思い付きで

マグネットを接着して黒く塗りました。

b0137704_16351216.jpg
b0137704_16365573.jpg
これをここにセットしておきます。

b0137704_16352422.jpg
通常はスタンドがマグネットでくっついています。

b0137704_16352460.jpg

解除すると自重でスタンドになります。

スタンドは前後に幅がある部品を使いました。

幅があるとグラグラしないので安定します。

b0137704_16352408.jpg

ハンドルは握りやすいように耕耘機のようにハの字スタイルにしました。

b0137704_16403810.jpg

それでは車に載せてみます。

持ちやすいようハンドルを付けてます。

b0137704_17144521.jpg

b0137704_16440194.jpg

これは固定していないので自由に動きます。また脱着式でもあります。

ハンドルがあると持ち上げが楽です。

動かないよう車に固定します。

ベルトフックにピンクのベルトを掛けて引っ張ります。

上の青いベルトを掛けて固定完了です。

b0137704_16474447.jpg

以上で完成です。

もう準備万端です。

でも春まで遠い・・・・残念

それでは!




















by 1000kyosan | 2018-12-16 17:23 | 釣りDIY | Comments(6)

エギのお化粧直し

先日の釣行で買ったばかりのエギをボロボロにされました。

イカにやられたんなら諦めもつきますが、犯人はフグです(笑)

エギを巻き上げるときイカがわらわらと付いてくるのかと思ったらなんとフグだったんですよ。

こんなあられもない姿に・・・。

b0137704_21422466.jpg
ちょと修理するのも無理です。

こうなったら直します?

それとも、そのまま使います? 捨てるとか?





私は優しく脱がせます(笑)

抵抗すると危ないのでカンナをガードしておきます。


b0137704_21440016.jpg
そしてスッポンポンに・・・

b0137704_21473277.jpg
                            プライバシー保護です(笑)


新しい服はこれ

b0137704_21490247.jpg
わかりにくいですが、100均の洗濯ネットです。


エギに接着剤を塗ってかぶせていきます。

b0137704_21503841.jpg
余分な布を切って

b0137704_21503929.jpg
 

整えます。前後は古くなったPEで巻いて瞬間接着剤で固定します。


b0137704_21503874.jpg

目玉とガードとパタパタ足を取り付けます。

b0137704_21540657.jpg
b0137704_21540634.jpg
なんとなくそれらしくなったでしょ。

衣装は新しくなりました。

これからお化粧直しをします。

これまた100均のマニキュアでオレンジ色を塗ります。


b0137704_21555901.jpg

ちょっときらびやかにラメも塗ります。


b0137704_21555961.jpg
足もついでに塗っときます。

b0137704_21560079.jpg

仕上げにケイムラ塗料を塗って完成です。


b0137704_21560037.jpg

b0137704_22004794.jpg


どう?釣れそう?

貧乏性ですね(笑)

これで釣れたらうれしいなぁ~










by 1000kyosan | 2017-09-29 22:11 | 釣りDIY | Comments(6)

タモ修理

 
昨夜は最近希に無い釣果 いや漁果で楽しかったです。
前回Nstyleさんのタモ枠を見て網が痛んでしまうのを痛感。
川底の石に当たるので、テグスは切れてしまいます。
細かい網って結構高いんですよ。交換も面倒だし・・。
タモを買うとき、使う前に対策しておこうと考えておりました。
こうゆうのが楽しいんですよね。

エッジをカバーすればいいだけなんですけどね。
電線を保護するコルゲートチューブがいいかなと思ってましたが、ビニールチューブが安かったのでこれにしてみました。
内径φ9のチューブをハサミで切り、エッジにはめます。あとは要所要所をタイラップで固定。
見栄えは透明チューブなので気になりません。
b0137704_13132025.jpg
アップで
b0137704_13132737.jpg
そして昨夜使った結果
b0137704_13115745.jpg
b0137704_13125516.jpg
タイラップが一部無くなってます。チューブやタイラップにも傷がいっぱい。

でもテグスは当然無傷。効果ありました。

傷のあるところをすべて交換します。
b0137704_13133384.jpg

タイラップは100均なので毎回交換してもOKです。
b0137704_13133817.jpg
これなら長持ちしそうです。




by 1000kyosan | 2014-02-02 13:18 | 釣りDIY | Comments(2)

ひまつぶし

7月の行事がひと段落したので今日は暇です。
でも、明日はまた町内の清掃活動・・・。
しかし、暑い!ちょっと動いただけで汗ダラダラ。
ボート釣りに行ったら確実に死にそうです。
そんなわけで、先日買ったブラー。
b0137704_1558547.jpg

赤がお勧めらしいので塗装しました。
ダイソーで蛍光レッドがあったので買ってきました。
b0137704_15582747.jpg

マスキングしてスプレーして完成。
あっと言う間に終わりました・・・。
とりあえず2種類試すことができます。
つまらん。あまり暇つぶしにならん!
b0137704_1558425.jpg

これは8gです。
もっと大きいのがあるそうですが、暇なので作ってみました。
転がっていた15号(56g)のおもり。
b0137704_15585649.jpg

金づちで叩いて平ぺったくします。
b0137704_15591491.jpg

そこそこでやめて弓なりにします。上下に穴あけ。
b0137704_15594085.jpg

まずは発色が良くなるように白に塗装。
b0137704_15595482.jpg

次に蛍光レッド塗装。ついでにクリア塗装。
b0137704_1601066.jpg

針を付けて完成。せっかくなのでシールも貼り付け。
b0137704_1603256.jpg

自作ブラー完成!
とりあえず1個作ってみました。楽しみが増えます。
いつになったら、行く気になれるかな?
by 1000kyosan | 2012-08-04 16:17 | 釣りDIY | Comments(4)

いつ来ても ブログを開くと 水道栓 (笑)

いかん。いかん。と思いつつもそのまま放置してました。
空箱を表紙にしているお友達からご指摘がありました。(笑)
そう。こんなに天気が悪いと釣りにも行けず、人の釣りブログで情報収集。
でも、どこも荒れてるから必然的に釣りネタが少ない。
そんな折、以前から気になっていた鯛ラバ。ビンビン玉とも言うみたいですが、自作に挑戦してみました。
順番に写真を撮っていけば良かったですが、初めて作るので余裕がありません。後から寄せ集めての集合写真です。
シリコンシート、マニキュア、キラキラシール、サークルカッター等、100均で手に入れれるものを探します。いつもの貧乏性が出てしまいます。

b0137704_2234987.jpg

シリコンシートは最初テキトーに切ってましたが、バラバラになって非常に扱いにくいことが判明。
幅も広くバラバラでいい加減すぎました。
b0137704_22342251.jpg


今度は端まで切らずにのれん状にカット。最後に端を切れば、楽に揃えることが出来ます。1mm幅で根気にカット。緑、薄緑、ピンク、薄ピンクを切りました。ロータリーカッターは楽に切れます。
b0137704_22343694.jpg


作り方は様々です。おもりの両面を潰す方、丸のままなど。おもりを叩いてから穴を開けると鉛のカスが出るので少し軽くなってしまいます。また穴を開けるのは非常に困難です。ドリルの刃を折ってしまいました。
針金で金具を作ると、針が交換できます。ひもを通してフックを兼用する方法が一番簡単でした。丸いおもりのまま、ひもを通すのが一番楽です。
b0137704_22353496.jpg


とりあえず完成品
b0137704_22352091.jpg

冬の夜長はこれで時間つぶしができます。買うと1個1000円位しますが、作れば安いですね。
釣れるかどうかわからないのに、こんなに作っても・・・。って思いますが作り出すと楽しいですよ。
自作はいぃから 早く大物釣れよっ! って突っ込みは無しで・・・。
あと、塗料、マニュキアの溶剤臭で怒られました。相当くさかったようです。換気には充分気をつけてください。
あいかわらず鼻がバカですので、シンナーの臭いもわかりません。こんな部屋で閉じこもっていても平気です。正直危険です。頭がパーになってしまうかも・・・。すでに手遅れかも(笑)
by 1000kyosan | 2011-11-25 23:10 | 釣りDIY | Comments(4)

釣りに行く気にならない今日この頃です。

なのに車にロッドを積みっ放しはあまりよくないですね。

先日車に荷物積む事があったため、釣り道具一式を降ろしましたが、和室の天井に竿先が当たっ

て不便だったので、ロッドホルダーを作ってみました。

普段あまり使うことのない和室が道具置き場になることが多いので、ここに設置できるものを考

えました。鴨居に差し込むだけの簡単なものです。

L型に木を組んで、ロッドが載る様に溝の付いた板を貼り付けします。先端とリール側用に溝の大き

さを変えて2つ作ります。こんな感じ。見えないので塗装もいい加減です。
b0137704_11352428.jpg


これを鴨居にセットして竿を載せます。
b0137704_11355620.jpg


溝の間隔を狭くしてあるので、お互いのリールが当たらないようずらしてセットします。
b0137704_11365878.jpg


これなら邪魔にならないし、竿を傷めることがなくなります。
by 1000kyosan | 2010-05-16 11:41 | 釣りDIY | Comments(0)

今回もパクリ工房です。

ダイワからアゴリグシンカーなるものが出ています。高過ぎですよね。

そういえば、ダイワがグローブライドに社名変更しました。なんか覚えにくい

なじめそうにない名前ですね。話がそれましたが、アゴリグシンカーは簡単に

取り外しできるおもりですよね。で、作ってみました。

はじめに、ワイヤーをU字に曲げて、フックを作ります。

b0137704_2244659.jpg


おもりはこれ。昔からあるガン玉です。セットになった安物です。

この中から、0.5g 、1g,1.5g,程度をチョイスします。

b0137704_2244364.jpg


これにガン玉を挟みます。抜けないようおもいっきり・・・。

チョットつぶれましたが、まぁ大丈夫でしょう。重さは変わりません。

b0137704_2245145.jpg


これに夜光塗料を塗り塗りします。下地に白を塗ってから夜光塗料を塗ると

きれいに塗れます。         言うほど綺麗な出来でないですが・・・。

b0137704_224625100.jpg


実は先日試してみました。何の問題もありませんでした。

早く沈めたい時に、手軽に付けれるので便利です。これで充分だと思います。

問題と言えばイカが釣れない事です。

明日は連休最後です。釣りに行く予定です。ボウズ脱出なるか????
by 1000kyosan | 2009-10-11 22:55 | 釣りDIY | Comments(0)

先日作った「スティックノッター」の説明書を作ってみました。

本家と同じような感じですが・・・・。

良かったら参考にしてください。

追記2014/8
本家とはオフトさんのクイックノッターのことです。
最近ベルモントさんがクイックノッターのパクリ?品を出しましたね(2014年)。
その名もスティックノッターで。
あれっ!製品名、私のパクリじゃん!!(2009年の自作です)
まぁいいけど。


b0137704_1336863.jpg

by 1000kyosan | 2009-09-29 13:37 | 釣りDIY | Comments(0)

オリジナルのクイックノッターを自作したので紹介します。

その名も  「スティックノッター」

まずは完成写真です。

b0137704_112767.jpg


材料は、クリップと1mmのステンレス棒です。

クリップは家に転がっていたものですが、うまい具合に魚の形をしていた

のでこれを使います。口の先に穴を開け、ステンレス棒を入れ、エポキシ

接着剤で固定します。ステンレス棒は10cmくらいでカットします。断面は

怪我をしないよう丸くヤスリ掛けをします。以上で完成です。簡単でしょ。

クリップの穴に落下防止用の紐を付けておくと良いでしょう。

b0137704_142546.jpg


b0137704_145174.jpg


使い方

クリップにリーダーをはさみます。魚が針をくわえているみたいでしょ?

実際は透明のフロロを使ってますが、見やすいよう黒色で説明します。

b0137704_173323.jpg

b0137704_1941100.jpg


リーダーをステンレス棒に沿わせて、ステンレス棒を持ちます。

PEをワンターンさせます。
b0137704_1112064.jpg


後は、オフトさんの方法で編み込みます。こんな感じです。

b0137704_1115198.jpg

編み込み部分を押さえます。クリップからリーダーを外して、魚(ステン棒)

を引き抜きます。(右方向へ)

クイックノッターはリーダー側に引き抜きますが、これは針金の先端に

クリップがある為、逆にPE側に引きます。

PEとリーダーを握り、リーダーにテンション掛ながらPEの端を引張って締め

込みます。締め込む時は、PEを濡らします。ハーフヒッチを3回行います。

余分なラインを切って完成です。
b0137704_1124195.jpg


b0137704_1163545.jpg

b0137704_1201863.jpg


この魚クリップ。ネオジウム磁石が付いているので、ラインスナップを付ける際、

ちょっと置いておくのに便利です。
b0137704_121132.jpg


老眼になってしまった私にでも、メガネなしで使えるので便利です。

実は先日の釣行の時、使ってみましたがバッチリ 役に立ちました

編み込み方法はパクリですが、形は一応オリジナルでしょ。

磁石も便利ですし・・・。自己満足ですが、DIYは楽しいですね。

説明書も作ってみました。
by 1000kyosan | 2009-09-29 01:40 | 釣りDIY | Comments(0)

今回の連休は初日の具合からエギングには行きませんでしたので、暇つぶしに

釣り道具を考えてました。

以前クイックノッターを自作し(パクリ)ました。本物は見た事がなく

、写真で見ただけで真似して作りましたので、本物との違いは分か

りませんが、少々気になったので改良します。

気になった点

①リーダーのセットは楽ですが、外す時が少々めんどくさい。

②針金部分がやわらかく、もっと丈夫にしたい。

実際本物はどうなのかは分かりませんが・・・。それと、色々実験して

気づいた事を書きます。

 クイックノッターは、リーダーにPEを編に込む作業を、独自の方法で

誰でも簡単にできるようにしたアイデア商品です。この方法でPEを編み

込むためにはリーダーをまっすぐ伸びた状態で固定する必要があります。

オフトさんはこれを針金を曲げた部分にリーダーを挟み込むようにして、

まっすぐ伸ばしています。これを違う方法でできないか、考えてみました。

それと、しっかりした軸が欲しかったので、こんなもので作って見ました。

100均の串です。千枚通しでも良かったのですが、3本もあります。失敗しても

2本使えます。
b0137704_0194343.jpg


串の部分を必要な長さにカットします。
b0137704_053045.jpg


これにリーダーを沿わせるのですが、とりあえず、ビニールパイプでリーダーの

先端をはさみ、編み込みしてみました。軸自体φ3なのでしっかりしています。
b0137704_063431.jpg

b0137704_049361.jpg


編み込んでみたら変な場所にこぶができてうまく締めることができません。

やっぱり失敗。ゴミに・・・。

b0137704_0502679.jpg



色々試していたら、こんなことが分かりました。本来2~2.5号のリーダーに

巻きつけるのに、それよりかなり太い軸に編み込みすると、リーダーに対して

太い編み込みができます。これを締め付けていくと、細いものに巻いた場合

より、引っ張る量が増えます。このとき、先端より根元が先に締まってしまい、

失敗したようです。

締め込む時に少しずつ調整しながら締め込めばうまく行くようですが、意外と

手間が掛かります。それでは意味がありません。それで、軸を細いものに変

えて、同様に編み込んでみました。

すると、締め付ける時の引っ張り量が少ない為、太巻きの場合より早く全体に

く締まっていく感じです。

それで本物は細い軸になっているのかと思いました。

本当にそうなのか分かりませんが、そういうことにしましょう。

結論は、

①リーダーをまっすぐにして固定できる事。

②軸はできるだけ細い事。(リーダー自体にできるだけ密着した方が良さそう)

の2点が重要と分かりました。後はオプトさんが考えた編み込み手順さえマスタ

ーすれば、簡単に結ぶ事ができそうです。

今回、本家とは違った形のオリジナル クイックノッターを作ってみました。

 次回、作った物を紹介します。
by 1000kyosan | 2009-09-27 00:56 | 釣りDIY | Comments(0)

今年は新しいボートで頑張ります。子犬も増えたし、楽しい年にしたいです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30