人気ブログランキング |

2019年 06月 01日 ( 1 )

今週は用事があって釣りはお休みです。

懸案であった振動子の取り付け方法を変更しました。

今回ベルト式取り付け方法で作りましたが、走行中深度が表示されませんでした。

キールの真後ろに振動子があるので泡が原因だろうということで、振動子を横にズラしてみました。

b0137704_22023135.jpg

走行中でも表示するようになりましたが、7Km/h以上で映らなくなります。

それで今回作り直しすることにしました。

以前からやっている方法でキールに取り付ける方法です。

アルミ板で作りました。

GRID240と比べてキールの大きさ(高さ)が大きくなっています。

キールに差し込むアルミ板は今までは30mm幅のアルミ板を使いましたが、今回は40mm幅を使いました。

横に伸びてるアルミ板は30mm幅です。

b0137704_22045107.jpg

b0137704_22045139.jpg

前回ボートを仕舞うとき、キールの型紙も作っておきました。

b0137704_22045170.jpg

これに合わせればおおよそのサイズが作れます。

b0137704_22045114.jpg

で、出来上がりました。

b0137704_22074947.jpg

キールの前から差し込むだけの取り付けです。

前から差し込むので抜けることは無いでしょう。

とは言え心配なのでクリップ式にして挟んでいます(笑)

ケーブルを後ろに引っ張るので抜けることは無いですけどね。


b0137704_22074971.jpg

キールの穴に差し込みます。

b0137704_22075020.jpg

b0137704_22074913.jpg

以上でセット完了です。

過去に3種類ほど作りましたが、一番簡単にセットできます。

b0137704_22075063.jpg
b0137704_22075044.jpg

過去の実績では走行中でも映るはずです。

これでだめならあきらめですね。

結果はまた報告します。


★ ついでにクーラーボックスの固定も見直ししました。

b0137704_22154992.jpg

単純にハンドルとD金具にベルトで固定です。

ついでにツールボックスも下がってくるのでクーラーボックスとベルトで固定します。

b0137704_22174410.jpg

このツールボックスは補修部品と仕掛けと予備ガソリンを入れてます。

またイスとしても使います。

魚を絞める箱は、イスの下に置いてあります。

b0137704_22174428.jpg

これを移動させれば


b0137704_22174576.jpg

こんな感じになります。これなら以前みたいに魚に逃げられることも無いでしょう(笑)

★ ついでにイスの背もたれの不具合も解消しました。


b0137704_22221012.jpg

こんな感じで背もたれを作りましたが、もたれるとイス板が傾き少し不安定でした。

しっかり固定できれば、もたれても安心でもっと楽になります。

イス板にロッドホルダーを固定している作りなので、ロッドホルダーをベルトで固定しました。


b0137704_22221086.jpg

がっちり固定されて、もたれても動くことなく安定しました。


★ ついでにもうひとつアイデア


b0137704_22291555.jpg
ここにカラビナフックを取り付けました。

何かわかりますか?

ここにレジ袋を引っ掛ければゴミ袋になります。

b0137704_22221092.jpg

ごみは持って帰りましょう。

ということで、不満点を一気に改善してみました。

次回が楽しみです。

でも、もうひとつ不満点があるのです。

材料は買ったのでうまく出来たらまたUPします。

それでは!












by 1000kyosan | 2019-06-01 23:02 | ボートDIY | Comments(8)

今年は新しいボートで頑張ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30